地域の声

環太平洋パートナーシップ(TPP)協定交渉への参加反対についての要望書

平成23年10月26日

北海道市議会議長会 会長/札幌市議会 議長 三上 洋右

  • 例外なき関税撤廃を原則とするTPP協定交渉への参加は断じて行わないこと。
  • 日豪等EPA/FTA交渉において、我が国の基礎的食料である乳製品や牛肉、主要水産物、米や小麦、でん粉、砂糖等の重要品目を関税撤廃の対象から除外すること。
  • WTO交渉については、「食料主権の確保」及び「多様な農業の共存」を基本理念に、「食料・農業・農村基本計画」に基づき、「食の安全・安定供給、食料自給率の向上、国内農業・農村の振興等を損なうことは行わないことを基本に取り組む」との政府方針の下、毅然とした対応を行うこと。
  • 無秩序な水産物貿易の自由化が世界の水産資源の乱獲を助長し、枯渇に向わせることのないよう、漁業先進国である我が国のリーダーシップを発揮すること。